2013年

4月

25日

4/25活動報告:家庭訪問

昨日は今期初の家庭訪問の日でした。

氷川下子供会ではハイクや行事のお知らせ、セツラーから子供たちへのお手紙などを配布するため、隔週木曜日に各家庭の郵便受けにポスト、もしくは家庭訪問を行っています。(離れたご家庭には郵送で配布)

限られた時間で多くの家庭を回らなくてはならないため、現在はAコースとBコースに分け、二手に分かれて家庭訪問、およびポスティングを行っています。

本日の活動では、おしらせ(セツラーから子供たちへのお手紙)、氷川下ウォーカーの訂正の手紙、夏キャンプのお知らせ(3年生~6年生のお子様のみ)を配布しました。

 

【Aコース】

ハイ姉ことハーちゃんです。初ブログです。私としては2回目の家庭訪問、今期初活動でした。(これからはもっと参加します。)

一件目のご家庭では子どものお気に入りのものを見せてもらったり、こびとずかんの神経衰弱をやったり、短い時間でも楽しい時間を過ごさせていただきました。手作りのクッキーもおいしかったです。二件目のご家庭では小学校で疲れた様子の子どもたちがお母さんに甘えるかわいい姿が見れてほのぼのしました。そして、水族館や魚の話で保護者の方と盛り上がりました。次回のハイクが楽しみですね。そして、阿波踊りをやっている団体へお誘いいただきました。セツラーのみんなももし興味があったら参加してみてください。

家庭訪問させていただいたご家庭のみなさま、ありがとうございました。

 

【Bコース】

あるとです。久しぶりの家庭訪問でしたが、だいぶ気温も高くなり良いお天気だったため快適にまわることができました。今期に入って少しコースが変わり、道順を早く覚えなければとあせっています。

また、今日は初めて家庭訪問にうかがったご家庭もありました。子供とも保護者の方とも普段はできないようなお話がたくさんでき、とても楽しかったです。私たちが何のために公園遊びや家庭訪問を行っているのか、また少し考えさせられました。

少し長居をしてしまってすみません。本当にありがとうございました。

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。